グルコサミンと関節痛

なぜグルコサミンが良いのか

グルコサミンと関節痛

グルコサミンは、加齢とともに減少した関節などのコラーゲン、軟骨成分がすり減る事によって起こる関節通に効果が期待できると言われています。
階段を登るとき、膝を曲げられないなどという症状は加齢と共に誰にでも起こりうる症状です。
軟骨の主な主成分は、プロテオグリカン、水分、コラーゲンです。グルコサミンはこの中の「プロテオグリカン」という成分を作り出す働きをしており、この働きが軟骨などの磨り減りをフォローすると言われています。
ただ、関節通には様々な原因が考えられますので、まずは医師への相談が第一です。また、グルコサミンはあくまで予防、補助のためのサプリメントですので、薬のような即効性はありませんのでご留意ください。

グルコサミンと一緒に摂取すべき成分

関節痛対策にグルコサミンを飲まれる場合は、コンドロイチンという成分も同時に摂取する事をおすすめいたします。
コンドロイチンは軟骨の主成分であるプロテオグリカンへ水分を送り込む働きをしてくれます。
グルコサミンと共に丈夫な軟骨を再生する支えになってくれる、おすすめのサプリメント成分です。

飲む期間はどのぐらい?

基本的にサプリメントは1回飲んだ程度では効果を実感できません。
最低でもサプリメントは三ヶ月続けて摂取したほうが、より効果を実感出来ると言われています。
まずは3ヶ月を目安に飲んでみましょう!